絶対禁止!!顔にイボコロリを使ってはいけない理由。

イボコロリは自宅で簡単にイボ治療ができます。

でも、顔に使ってはいけません!!

ここは勘違いしている人が多いので注意してください。

イボコロリは顔には使ってはいけません。

というのも、実は私は、イボコロリを顔に使って後悔した組なんです。

知らずに使って後悔しました。

あなたは、安易にイボコロリを顔に使ったりしないでくださいね。

私がイボコロリを顔に使って後悔した話は
イボコロリを顔・首イボに使った結果・・・。】を読んで下さいね。

イボコロリを顔に使ったらダメな理由。

イボコロリは、確かにイボを取る薬です。

私も何度も使ってイボを取ってきました。

でも、使ってはいけない場所もあるんです。

それは首や顔です。

これはちゃんと説明書にも書かれています。

kinsi

 

私はちゃんと確認せずに使っていました。

イボコロリでイボの治療ができるのは、「サリチル酸」という成分があるからです。

サリチル酸は、角質を柔らかくします。

しかし、サリチル酸はイボだけに効果を発揮するわけではありません。

塗った皮膚に効果がでます。

つまり、イボ以外に塗れば、健康的な皮膚であっても影響が出るということです。

顔イボは小さいですから、周りの皮膚に付く可能性は高いです。

さらに、顔の皮膚は薄いですから、サリチル酸の影響も出やすいです。

顔だけでなく首でも同じです。

老人性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる老人性イボは、皮膚の薄いところにできやすいです。

ですから、そもそも老人性イボにイボコロリは使ってはいけないんです。

使うとサリチル酸の影響で、肌に炎症がおきる可能性が高いです。

炎症を起こした結果、色素沈着を起こします。

アザやシミのような跡が残ってしまいます。

そうなってから後悔しても遅いです。

色素沈着を起こすと、今度はそれを治すケアをしなくてはいけません。

イボも取れず、色素沈着を起こすなんて、結果としては最悪です。

「顔イボを取ってキレイになりたい。」
と思っていただけなのに。

本当に顔イボを取りたいのなら、顔にも使えるイボケアを使ってくださいね。

ただし、市販されているイボコロリなどのイボ取り薬は、顔などには使用禁止のものが多いです。

使う前には、顔にも使えるのか、老人性イボにも使えるのかの確認をしてくださいね。

薬ではありませんが、スキンケアで顔イボのケアをすることもできます。

実は、私もスキンケアでイボケアしています。

私が使っているのは艶つや習慣(つやつや習慣)です。

艶つや習慣は、顔にも首にも使えます。
なかなか、顔に使えるイボケア用品はありませんよね。

あなたも顔イボが気になっているのなら、使うケア用品はきちんと選んでくださいね。
 
>>顔にも使える!艶つや習慣の詳細はこちら

 

コメントは受け付けていません。