イボコロリを妊娠中に使うと危険!?絶対に使っちゃダメ?

妊娠中にイボコロリは使用しても大丈夫でしょうか?

イボコロリの説明書には、

『相談すること』の欄に

妊婦又は妊娠していると思われる人

とあります。

実際の説明書です。↓↓

ninnpu

ですが、このような文言は大抵の薬の説明書には記載されているものです。

イボコロリは外用薬ですから、直接赤ちゃんに影響はないと思われます。

 

しかし、妊娠中の身ですから念には念を入れて、やはり担当の先生に確認してくださいね。

 

どうしてイボコロリで妊娠中使ってはいけないという意見もあるかというと、ちゃんと理由があります。

 

それは、使用されている成分「サリチル酸」です。

 

「サリチル酸」は、妊娠中に使わない方が良いとされています。

イボコロリ外用薬の主な成分は「サリチル酸」です。

 

サリチル酸は、多量に使用した場合、

  • 分娩の遅れ
  • 動脈管の閉鎖
  • 黄疸

また、胎児への影響としてまれではありますが

  • 脳損傷
  • 奇形
  • 羊水量の減少
があるとされています。

 

あくまでも、多量に摂取した場合です。

外用薬でのサリチル酸の使用は多量と言えません。

 

ですので、一度使ったからと言って、ただちに赤ちゃんに影響があるわけではありません。

 

イボコロリを使って、赤ちゃんに影響があるというよりも、妊娠中は刺激に敏感になっています。

イボコロリは、結構刺激の強い成分を使用しています。

ですから、肌がイボコロリの刺激に負けて、炎症を起こす可能性の方が高いといえます。

イボコロリを使用して、痛みなどを感じたら使用することをやめてくださいね。

 

妊娠中にイボを取りたいのなら、イボコロリを使用するよりも、病院へ受診した方がいいですね。

 

病院で
「妊娠中ですが・・・。」
と言うだけで、先生も妊娠中でも可能な治療をしてくれます。

 

もしくは、出産後に治療を開始するとか。

正直、イボコロリを使用しても問題はないと思います。

ですが、不安を感じるようでしたら、避けた方がいいでしょう。

やはり妊娠中ですから、赤ちゃんのことを一番に考えてあげましょうね。

 

赤ちゃんへの影響が、絶対にないとは言い切れません。

だったら、使用は避けた方が安心です。

 

イボコロリの内服薬には注意が必要!!

イボコロリの外用薬、つまり液体タイプと絆創膏タイプは基本問題ないといえます。

 

ですが、イボコロリの内服薬には注意が必要です。

 

イボコロリの外用薬と内服薬は、使用されている成分が違います。

内服薬に使用されている成分は「ヨクイニン」です。

 

ヨクイニンは、ハトムギの殻を取り除いたものです。
ハトムギもヨクイニンも効果・効能には違いがありません。

 

「はと麦茶を飲んでいれば、イボが取れる。」
という話を聞いたことがありませんか?

実際、漢方の世界でも昔から「ハトムギ」が使用されてきました。

 

しかし、禁止事項もあります。

「妊婦には使用は禁止。」
とされてきたんです。

 

実際、イボコロリ内服薬の使用上の注意にも

妊婦または、妊娠していると思われる人は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

とあります。

 

ヨクイニンを摂取したからといって、必ず赤ちゃんに影響がでるわけではありません。

ですが、控えた方がよいとされているのも事実です。

 

不安な思いをしながら、ヨクイニンを摂取する必要はありません。

わざわざ、イボコロリ内服薬を飲むより、妊娠中でもイボケアできる方法でケアをしましょう。

 

コメントは受け付けていません。