横山製薬はイボコロリだけじゃない!あなたの悩みもイチコロリ。

イボコロリを製造販売しているのは、横山製薬です。

横山製薬は、1900年創業の老舗の会社です。
なんと、明治33年というから驚きですよね。

 

本社は、今でも明石市にあります。

 

創業時から、医薬品の製造販売をしていました。

骨髄炎、リウマチ、脊髄炎の「天豹薬」「狼獣剤」の販売を開始しています。

 

創業時には、イボコロリはま誕生していません。

イボコロリが誕生したのは、1946年(昭和21年)になります。

 

時代も時代ですから、この当時は1瓶4円だったんですって。

 

イボコロリが登場したときは、液体タイプしかありませんでした。
絆創膏タイプが誕生したのは、1988年(昭和63年)になります。

 

さらに内服薬である「ヨクイニン」が登場したのは1993年(平成5年)になります。

その後も、どんどん新しい商品を誕生させています。

 

例えば、イボにも効果があるとされる「馬油」

魚の目専用の「ウオノメコロリ」「ウオノメパッド」

さらには、「虫よけリング」「虫よけシール」「虫よけシート」

フットケアの「ジェルマーククッション」「足裏ラボ」

液体絆創膏の「キズコロリ」

高機能マスクの「カチオンガードマスク」「ウイルスナイパーマスク」

などなど。

横山製薬といえば「イボコロリ」というイメージですが、今ではこんなに多くの商品を販売しています。

 

本社は、今でも明石市にあるんですよ。
ここまで有名になった会社なのに東京じゃないんですね。

 

横山製薬の企業理念に、

健康ニーズに対し、確かなメディカル品質を備えたユニークな製品で、
痛みやつらさ、不安を取り除き、すこやかでアクティブな生活をサポートします。

とあります。

 

イボコロリは確かにユニークな商品です。

 

ネーミングからして、インパクトがありますよね。
「イボコロリ」という名前を聞いただけでも、どんな商品なのか想像できます。

 

イボコロリという名前を考えた人はスゴイですよね。

 

横山製薬のHPを見ているとこんな表示がありました。

yokoyama

これも、またおもしろくないですか?

 

「あなたの悩みイチコロリ」

 

何とも頼もしい言葉です。

 

どんな悩みもイチコロリというわけにはいかないでしょう。
でも、その精神や信念は十分伝わってきます。

 

横山製薬の商品は数多く出ています。

もしかしたら「イボコロリ」と同じ会社とは気づかず使っているものもあるかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。