杏仁オイルで顔イボのケアができるって知っていましたか?

首元や顔などにポツポツといぼが出来てしまうことがあります。

その殆どは、老人性いぼと思われます。
老人性いぼは皮膚の加齢によって発症するいぼです。
30代くらいから発症の確率が高くなり、80代くらいになると殆どの人が発症します。

顔イボや首イボといった方がピンとくるかもしれませんね。

老人性いぼはウイルス性ではないので、他の人に感染したり他の部位に転移する事はありません。
また、良性の腫瘍なので身体に害もありません。

でも、顔や首筋や胸元、手の甲など人目に付く場所に出来やすいのが老人性いぼです。
見た目的にも、どうにか除去したいと思いますよね。

いぼの除去をするのならば、病院に行って除去処置をしてもらうのが一番早くて確実な方法になります。
でも、病院に行くのは敷居が高いですよね。
いぼの為に病院に行く時間もなかなか取れません。

そんな時、漢方薬や市販薬を試す人は多くいます。
今回は、その中でも杏仁オイルに注目してみます。

杏仁オイルでイボケア?どういう方法?

杏仁オイル(アプリコットオイル)とは杏子の種から取った杏仁から絞り出されるオイルです。
このオイルには、パルミトレイン酸が多く含まれています。
この成分は別名「若さの脂肪酸」と呼ばれ、お肌を若々しく生き返らせてくれるそうです。

杏仁オイルは人の皮脂と非常に良く似た成分を持っているそうです。
なので、お肌に馴染みやすく酸化しにくい性質を持っています。

杏仁オイルでマッサージを行うことで、皮膚のいぼを除去するのに効果があるそうですよ。

杏仁オイルは、お肌の新陳代謝を正常化してくれます。
そして、固くなった皮膚を柔らかくしてくれるそうです。

新陳代謝が活性化すると言うことは、古くなった角質や組織が新しく生まれ変わる様になると言う事です。
古くなった角質、組織と一緒に古い肌細胞の塊であるいぼも代謝されます。

継続して続ける事で、いぼの根元からポロリと除去する事が出来るそうですよ。

外科的な除去の様に、すぐにいぼを除去する事は出来ません。
でも、毎日のお肌ケアに杏仁オイルマッサージを加える事で少しずつ効果を発揮するそうです。

杏仁オイルの使い方は、難しくありません。
朝は洗顔後に、夜はお風呂の後や洗顔の後に、顔や首周りをマッサージします。
血行を良くし、皮膚の新陳代謝を促します。
また、杏仁オイルの成分をいぼに浸透させます。

杏仁オイルでのいぼ除去には即効性はありません。
でも使い続ける事で効果が期待できるそうです。

また、杏仁オイルはいぼだけではなくシミ対策やシワ対策にも効果的だと言われています。

病院に行く時間がない人や、病院の敷居が高い人は一度杏仁オイルでのマッサージを試してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。