ダクトテープってなに?イボの治療に使えるって聞いたけど。

イボに悩んで病院で凍結治療をしている人や、市販薬を使う人は案外多いのではないでしょうか。

そんな中、民間療法の一つに
「ダクトテープでの閉塞治療」
というものがあるのですが、ご存知でしたか?

 

イボの治療はイボコロリだけじゃないんですね。

ダクトテープでのイボケアは、
「痛みがない。」
と言われている方法でもあります。

 

結論からいうと、ダクトテープでもイボが取れることはあるでしょう。

しかし、どのイボでも必ず取れるわけではありません。

やはり、メリットとデメリットがあります。

 

メリットとしては、

お金がかからない
痛みがない

 

デメリットとしては

全てのイボには使えない
時間が相当かかる(1~3ヶ月
必ずイボ取れる保障はない

 

特に顔イボなどの小さいイボには、不向きといえます。
顔イボには顔イボ専用のケアを選ぶようにしましょう。

 

そんな気になる「ダクトテープでの閉塞治療」について、詳細をご紹介します。

ですので、
「聞いたことはあるけどよく知らなかった。」
「全く知らなかった・・・。」
という人はぜひご一読くださいね。

 

顔イボにも使用可能なイボケアはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.aqua-b.jp/

 

ダクトテープってなんなの!?

dakuto1
そもそもダクトテープがなんなのか、全く知らないという人もいるのではないでしょうか?

 

実はこれ、全くもって医療用品ではありません!

 

ホームセンターで売っているようなDIY用品と思ってください。

見た目はガムテープのようで、強力な粘着力をもつテープなんです。

 

「そんなもので治療ができるの?」
と驚く人が多いと思うのですが、実際にイボ治療に使ったことがある人は多いそうですよ。

 

ダクトテープでの閉塞治療のやり方は?

医療用でもなんでもないダクトテープでどうやって治療をするのか気になりますよね。

治療のポイントは、イボを覆い隠して閉塞することにあります。

 

まずは、イボを含むイボ周辺をキレイに洗って乾かします。

そこに、イボより少し大きめに切ったダクトテープを貼るのです。

イボがしっかり覆い隠せて閉塞状態にできればOKです。

 

そして、その状態をそのまま維持することが重要です。

基本的にはダクトテープを貼ったまま放置し続けるだけでOKです。

ですが、やはりお風呂などに入ると途中でどうしても剥がれてくることもあると思います。

 

そういう場合はすぐに貼りかえるようにしてくださいね。

閉塞状態を長くキープすることがポイントです。

dakuto3

うまく行けばその状態で1ヶ月ほど、長ければ3ヶ月以上かかることがあります。

最終的にはダクトテープにイボがくっついてくる形で、痛みもなくイボが取れるそうです。

 

痛みがないという点がメリットかもしれません。

ですが、非常に時間がかかることを覚悟しておく必要がありそうですね。

やるとしたら、閉塞状態をキープできるかどうか、時間がかかってもやりたいか、という点をしっかり考えてからのほうが良いと思います。

 

ダクトテープを使用してイボを取るよりは、イボコロリを使用した方が時間的にも、効果もありそうです。

ただし、イボコロリを使用するときは、自分のイボに使用可能かどうかの確認はしてください。

 

ダクトテープで全てのイボ治療はできない!

dakuto2

実は、ダクトテープでの閉塞治療には、向いているイボと、そうでないイボがあるんです。

閉塞治療のやり方でもご紹介した通り、ダクトテープでの閉塞治療はダクトテープを肌に貼り続ける必要があります。

 

そのため、服に隠れるような場所の大きなイボなら問題なく出来ると思ういます。

ですが、老人性イボなどの顔や首に、できやすいポツポツイボだと悪目立ちしてしまうので、できないと思います。

顔にダクトテープを3ヶ月も貼り続けることはできませんよね。

 

やるとしたら、自分のイボの位置などもしっかり考慮してから考えてくださいね!

 

顔イボを取りたいと思っているのなら、艶つや習慣などの専用のケアを選ぶようにしましょう。

 

顔イボにも使用可能な艶つや習慣の詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.aqua-b.jp/

コメントは受け付けていません。