イボの民間療法はたくさん!でも、やる時は自己責任で・・・。

イボは、ずっと昔から人が悩んできたことです。

ですから、民間療法でのイボケアは数多くあります。

イボに効果があると言われている民間療法の一部を紹介しますね。

 

木酢液

木酢液とは、木材を木炭にする際に出る副産物です。
含まれている酢酸や、アルコールで殺菌作用があります。

イボへ使用するときは、主にウィルス性のイボに効果があるとされています。

使い方は、1日30分程度、木酢液を染み込ませたガーゼをイボに当てます。

これを毎日繰り返すことで、イボが柔らかくなります。
何日か経った後、柔らかくなったイボをピンセットで取り除きます。

注意点は、品質の良し悪しがあるという点です。
品質の悪い木酢液には、不純物が多くなります。

中には、発がん性物質が含まれているものもあるので注意してください。

 

ナス

ナスのヘタから絞り出した汁を使用します。

絞った汁を直接イボに塗ります。
ナスの身を、イボにあてて、半日ほど放置します。

これを毎日繰り返します。
繰り返していくうちに、イボが除去されます。

ナスには、「植物性アルカロイド」が含まれています。

「植物性アルカロイド」は、免疫機能を高めてくれます。
この点から、イボにも効果があるとされています。

 

 

ティーツリー

ティーツリーは、主にオーストラリアを産地とする植物です。

オーストラリアでは、昔から傷薬として使用されてきました。

抗菌作用、抗ウィルス作用があります。
また、免疫機能を高める効果も期待できます。

この点から、イボにも効果があるとされます。

使い方は、ティーツリーオイルを1日に2回、イボに塗るだけです。

 

尿素クリーム

「イボコロリ」または「スピール膏」でイボを柔らかくします。
イボが柔らかくなった状態、もしくは除去された状態のイボに尿素クリームを塗ります。

できれば尿素配合10%のものを選びましょう。

ウィルス性のイボに効果的とされています。

詳しくは、http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/180536.htmlを参考にしてください。

 

ダクトテープ

ホームセンターなどで購入できるダクトテープを使います。

イボよりも大きめにカットしたダクトテープを貼ります。

ダクトテープは、常に貼りっぱなしにします。

貼り続けて、約1ヶ月経つと、テープを剥がすときにイボも一緒にとれます。

ダクトテープが、剥がれたり、剥がれそうになった場合。
その場合は、すぐに貼り直さなければいけません。

大事なことは、貼り続けることです。

 

イソジン軟膏

シイソジン軟膏は、殺菌作用があります。
イボに使う場合は、主にウィルス性のイボになります。

尋常性疣贅(ゆうぜい)です。
特に「水いぼ」に効果があるとされています。

清潔にしたイボにイソジン軟膏をぬります。
上から、絆創膏などで保護します。

これを1日2回繰り返すだけです。

ただし、ヨードアレルギーの人はイソジン軟膏を使用しないでください。

 

いちじく

いちじくの葉を使います。

葉っぱを絞り出すと、白い液体が出てきます。
この白い液体をイボに直接塗ります。

1日に2回繰り返して塗ることで、イボが変色し、やがてポロリと取れます。

 

紫雲膏

紫雲膏は、漢方薬です。
色は、赤紫色をしており、独特のニオイがあります。

イボへの使い方としては、イボに直接塗り、その上に絆創膏を貼ります。
毎日続けてケアすることで、イボが取れます。

効果がでる平均は1.5~3ヶ月ほどです。

根気よくケアを続けていかなくてはいけません。

 

イボの民間療法でも、かなりの種類があります。

民間療法ですから、ハッキリした根拠があるわけではありません。

肌に合わなくて、逆に肌あれを起こす場合もあります。

民間療法で、イボケアを行うときは、あくまでも自己責任で行うようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。